高部知子の現在は積木くづしからカウンセラーへ華麗な転身で輝いてた





昭和の時代に大人気だったお笑いタレントの萩本欽一さんが司会・進行役を務める「欽どこ」で誕生したユニット『わらべ』を覚えていますか?メンバーだった高部知子さんについて現在何をされているのかを調べてみました。

高部知子さんのプロフィール




出典:https://isearch.c.yimg.jp/


生年月日:1967年8月25日(50歳)
出身:東京都文京区出身
血液型:B型
職業:女優


芸能事務所のスカウトマンにスカウトされた事で芸能界入りをした高部知子さん。1980年にNHKで放送された『ガラスのうさぎ』で女優デビューをされています。デビューより2年後の1982年に『欽ちゃんのどこまでやるの!?』のユニット“わらべ”で長女の望として出演すると大きな注目を集めました。



出典:https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/


一躍人気の若手女優となった高部知子さんですが、1993年には俳優穂積隆信さんのドキュメンタリードラマ『積木くづし』で不良少女役を演じて日本中から大注目を集めました。

突然メディアから消えた理由



日本中から注目される人気若手女優となった高部知子さんでしたが、人気絶頂の最中の1983年6月に男性と一緒にベットの上でタバコを加えた写真がフォーカスに掲載され、未成年での異性交遊や喫煙問題が浮上します。




この週刊誌の疑惑写真によって出演していたテレビやCM、ラジオなど全てを降板。さらにはドラマ積み木くづしの映画化が決定されていましたがこれも代役が演じる形となってしまい一切のメディアから姿を消してしまいました。



出典:https://ord.yahoo.co.jp/


事件の真相はさておき、疑惑問題は世間への影響も大きく、謹慎しても芸能界復帰が考えられていた中、家族向けとして真面目な路線を売りにしていた萩本欽一さんの番組だけに、復帰は難しく、欽どこの謹慎処分を除名という厳しい対応へと切り替わった事も高部さんの芸能生活を大きく一変させる要因となってしまいました。

事件の後の様子



事件後の高部知子さんは通っていた高校を無期停学処分となり、仕事も学業も一時休止せざる得ない状況となってしまいましたが、その後ひっそりと学業へ復帰するとすぐさま週刊誌などに掲載されてしまいます。その後1984年には芸能界復帰もされましたがドラマ出演、シングル発売と精力的にこなしたものの世間からの風当たりはまだ強く、パッとしない結果となってしまいました。

高校を卒業した高部さんは22歳の時に幼馴染だった男性と結婚して芸能界を引退されています。当時は夫婦でコンビニエンスストアを経営し、店頭に立つ姿をスクープされた事もありましたが、2人のお子さんをもうけた後に離婚をされています。

離婚後の1999年には芸能界復帰を果たし、局部にピアスを付けたヌード写真集を発売後は完納ビデオなど、以前の路線とは全く異なる路線での活躍となってしまいます。

最近の高部智子さんは?



2000年になってから慶応義塾大学文学部へ入学すると2005年に卒業し、2007年には東京福祉大学精神保健福祉士養成コースを修了させ、精神護憲福士氏の資格を取得されます。



出典:https://stat.ameba.jp/


現在は全国の福祉関連施設などで認知症や依存症患者に対するカウンセリングやケアを行っており、時折その様子がテレビ番組などで取り上げられますが、表情はとても穏やかで、芸能界で活躍していた頃よりふっくらした体形になっているせいか、とても温和で穏やかな日々を過ごしていらっしゃるように感じます。

若い頃に芸能界で人気女優と言われた高部さんの人生は、週刊誌で報じられた疑惑事件から一変してしまいましたが、現在はとてもイキイキとされていて素敵な大人の女性へと変身されていました。これからも、多くの方の側で輝いて欲しいなと心より願わずにはいられませんでした。