市川猿之助も骨折!昨年に続いて起こった不思議な芸能人骨折の連鎖





歌舞伎俳優の市川猿之助さんが10月9日に主演を務めている“スーパー歌舞伎Ⅱ”『ワンピース』(10月6日~11月25日)の昼の部のカーテンコール真っ最中に花道脇の舞台で降下した際、衣装の一部が昇降装置に絡まった事が原因で左腕を負傷していたことが判りました。

市川猿之助さんのプロフィール




出典:http://www.ennosuke.info/


本名:喜熨斗 孝彦(きのした たかひこ)
生年月日:1975年11月26日(41歳)
出身:東京都出身
血液型:O型
職業:歌舞伎俳優


歌舞伎役者四代目市川段四郎さんの長男として生まれた市川猿之助さんは歌舞伎の立役、女方、舞踊などを務める歌舞伎役者の中でもマルチな活躍をされています。1980年7月に初お目見得を行うと、1983年7月には歌舞伎座の舞台『お目見得太功記』にて市川亀治郎を襲名しての舞台デビューをされました。2007年にNHK大河ドラマ『風林火山』で武田信玄役を演じてテレビ俳優としてデビューを果たすと、以降は数多くの舞台や映画、ドラマに出演されています。

市川猿之助さんが舞台で骨折



市川猿之助さんが出演していたスーパー歌舞伎『ワンピース』は、人気漫画『ONE-PIECE』の世界をスーパー歌舞伎で表現したもので、ゆずの北川悠仁さんか書き下ろした楽曲が使用されるなど、従来の歌舞伎ファン以外からも大きな注目を集めている舞台でした。



出典:スーパー歌舞伎Ⅱワンピースより


今回で2回目となるスーパー歌舞伎『ワンピース』は、新橋演舞場にて10月6日~11月25日まで公演が行われ、市川さんは初日から僅か3日目に起こったアクシデントによって舞台降板を余儀なくされ、舞台終了後に救急車で病院へ搬送された上で治療を受け、検査の結果左腕骨折の診断を受け、全治6ヶ月の診断を受けたそうです。



これを受けて市川さんはワンピース公式サイトhttp://www.onepiece-kabuki.com/にて以下のようにコメントを発表されています。



出典:スーパー歌舞伎Ⅱワンピースより

この度はご心配をおかけして誠に申し訳ありません。骨折してしまいました。でも心配しないでください、僕はゴムゴムの実の能力者のルフィです!僕は元気です!
僕のいない穴は若手たちがしっかりと埋めてくれます。安心して劇場へお越しください。
スーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』という冒険は始まったばかり。どうか、11月25日の新橋演舞場千穐楽、4月の大阪松竹座、5月の御園座までの大航海を客席で見届けてください。
僕もなるべく早く復帰し、麦わらの一味として活躍できるよう、まずは治療に専念します!


芸能界で続く不思議な骨折の連鎖



今年に入り、9がつに黒柳徹子さんが骨折をしていたことを自身のインスタで公表、さらにタレントの山瀬まみさんも『天才!志村どうぶつ園』の収録中のスタジオで転倒し、右膝蓋骨と、左第5中足骨を骨折した事が判明しています。

他にもテレビ東京の福田典子アナ、おぎやはぎの小木博明さんもロケ先のシンガポールで骨折、研ナオコさんも舞台中に転倒した事で左大腿骨頸部を骨折、シンガーソングライターaikoさんもツアー中に骨折、脚本家の内館牧子さんも骨折した事が判っています。

2016年には打ち上げに参加した際に路上で転倒し、右上腕骨折をしたノンスタイルの石田明さん、3月には音楽プロデューサーの小室哲哉さんが路上で転倒し、右足関節骨折、4月には滝沢歌舞伎に出演していたV6の三宅健さんが舞台上で転倒し、右母子基節骨骨折、女優の真矢みきさんも同じく4月に舞台の稽古中に右腕を骨折しています。

近年は高齢者の骨折だけでなく、若年層の骨折も急増していますが、その背景には食生活の変化によってカルシウムが不足しがちな事や、運動不足など様々な要因が考えられますが、芸能界は社会の縮図と昔から言われているように、一般の方々の骨折はニュースにならず見えにくくはなっていますが、やはりこれだけ芸能人の骨折が頻発している=一般の人も増えていると見ていいのかもしれません。

改めて日常生活に運動を取り入れて筋力低下を防いだり、バランスの良い食生活を心掛けたいですね。