嶋大輔の現在は?男の勲章を守り抜き、見事芸能界へカムバック!





横浜銀蝿の弟分としてかつて大人気だった嶋大輔さん。歌手として大活躍した後は俳優として芸能界で頑張っていましたが、最近は殆どテレビで見かけません。そこで、現在嶋大輔さんがどうされているのかを調査しました。

嶋大輔さんのプロフィール




出典:https://image.middle-edge.jp/


本名:森島 裕文(もりしま ひろふみ)
生年月日:1964年5月22日(53歳)
出身:兵庫県西宮市出身
身長:183cm
血液型:B型
職業:タレント、俳優、歌手
所属事務所:enjoy


中学校の途中まで西宮で過ごし、その後藤沢へ引っ越したところ、関西弁をバカにされたことが悔しくて次第にグレたそうです。若い頃は当時大人気アイドル歌手だった石野真子の大ファンで親衛隊長を務めていたほどの熱狂的なファンだったそうです。

10代の頃に公共トイレで隠れるようにしてタバコを吸っていたところを横浜銀蝿が当時所属していたプロダクション社長に見つかり、注意されたことがきっかけでスカウトをされ芸能界入りを果たすという、ちょっとユニークな芸能界入りをされています。

芸能界に入ってすぐの1981年に横浜銀蝿の弟分としてテレビドラマ『茜さんのお弁当』で俳優デビューを果たすと、その1年後の1982年2月10科に『Sexy気分の夜だから』でレコードデビューを果たし、2か月後に発売されたセカンドシングル『男の勲章』で大ブレイク。この男の勲章はトータル70万枚を売り上げるという人気ぶりで、一躍人気歌手の仲間入りを果たしました。




強烈なつっぱりスタイルで、見た目にも当時のグレた男の子そのまんまの姿で芸能界に飛び込んできた嶋大輔さん。意外にも成人を過ぎてもお酒は全く飲むことが出来ず、ウィスキーボンボンでも酔うという、ビジュアルとは真逆な可愛いい一面も持ち合わせている、今でいうところのギャップ萌えした熱狂的なファンに支持されていました。

なぜテレビに出なくなってしまったのか?



平成に入るとウルトラマンシリーズの隊員として出演したりしてかつてのファン層以外からも多くの支持を集め、俳優として活躍していた嶋さんでしたが、2013年1月にスポーツ・音楽振興協会の理事に就任した後、同年4月には芸能界を引退されています。



出典:https://ord.yahoo.co.jp/


芸能界を引退した理由は“政界への転身”を望んでおり、同年夏の参院選に出馬する意向の為と記者会見で発表しましたが、最終的には出馬辞退を断念しています。引退し、政界への転向を表明しての断念だったためか、芸能界へ戻ることはなく、2015年5月には福岡県で嶋大輔さんプロデュースのカレー専門店を開店させると、7月に入ってようやく芸能界の復帰をされています。

現在の嶋大輔さんは?



テレビ出演やドラマなどでめっきり見かけなくなったと思ったら、芸能界を一時期引退していた嶋大輔さん。現在はどうしているのか?気になるところ。

参院選出馬を表明した10日後には議員会館で出馬を遠回しに断られてしまい、それ以降は芸能界を引退しているという事もあって気持ちの持っていきようもなくなり、“人生で一番しんどい時期”で、人間不信にも一時期なったと後に語っていらっしゃいます。

そんな人生のどん底の時期を救ったのが古くからの俳優仲間だった中野秀雄さんで、電話を掛けると一度お茶でも!となり、実際に会うと嶋さん自ら中野さんへ「拾ってくれ」とお願いしたそうです。その後は中野さんのバックアップのお陰で無事芸能界へカムバックすることが出来たそうです。

現在は10月9日にスタートする新番組『名医のTHE太鼓判』に出演する事も決定しており、過去を振り返って「人生に無駄なことはない」と噛みしめたそうです。苦しく、苦い経験をしたものでなければこの言葉の本当の意味や重みを感じられないだけに、今後の嶋大輔さんの活躍を期待したいですね。