安室奈美恵が早すぎる引退を表明!理由に迫る!!





歌姫として浜崎あゆみと共に日本の音楽界をリードしていた安室奈美恵さんが引退を発表した事で日本中が驚きの声をあげました。

まだまだ歌手としても活躍出来るうえ、CDやコンサートも大盛況で人気もピーク時を維持したままの安室奈美恵さんにいったい何が起こったのでしょうか?

安室奈美恵さんのプロフィール

 


出典:http://contents.namieamuro.jp/

本名:安室 奈美恵(あむろ なみえ)
生年月日:1977年9月20日(40歳)
出身:沖縄県那覇市出身
職業:歌手
所属事務所:ライジングプロダクション
所属レコード会社:avex

那覇市朱里で三人兄妹の末っ子として誕生した安室さんは、小学校5年生の時に友達の付き添いとして沖縄にあるアクターズスクールに見学をした事から運命が大きく変わりました。

見学に行ったアクターズスクールの校長に直接スカウトされたものの、裕福では無かったためにいったんは入校を辞退。
しかし、それでも校長は諦めず、安室さんを特待生として受け入れたことでアクターズスクールへ入校することが出来たそうです。
入校して直ぐ開催された琉球放送のテレビ番組『HOTNIGHT おきなわ愛ランド』のカラオケ大会で優勝を果たした後、ジャネットジャクソンに憧れて歌とダンスに没頭していったそうです。

1991年の中学2年生の時に“SUPER MONKEY’S”のメンバーとなり沖縄を中心に活躍した事で東京のテレビ局の目に留まったそうです。
これにより翌年にはメジャーデビューを果たすもののヒット曲には恵まれず、長い下積み時代を経験するものの、1995年に小室哲哉さんと出会ったことで再び安室さんの運命が大きく変わることとなりました。




直ぐに発売されたアルバムはオリコンチャート1位を獲得、その後移籍した後、avexより発売されたシングルを始め次々とミリオンヒットを連発し、翌年の1996年には安室さんのファッションやメイクを真似た女の子を表現する“アムラー”という言葉まで誕生するほどとなり、時代の波に乗り、安室さんの生き方やファッション、髪形、メイク等が大注目される事となりました。

人気絶頂での結婚

1997年10月22日に人気絶頂の最中でTRFのダンサーであるSAMこと丸山正温さんとの結婚を発表し、妊娠3ヶ月であることも報じられました。
約1年間の産休を経て翌年の1998年12月には仕事へ復帰されていました。
しかし、結婚から僅か5年後の2002年には親族との水が埋まらなかった事で離婚に踏みきったと言われています。

離婚当時一人息子だったハルト君は当時4歳。
SAMさんの実家の病院後継ぎ問題などで親権はSAMさんが持つことで離婚をし、離婚後は同じマンションの別フロアで元夫婦がそれぞれの生活を送りながら息子さんを育てていったそうです。
しかし、2005年に安室さんが親権を取り戻すべく家裁を通じて調停を申し立て、最終的に親権は安室さんが持つこととなり、現在まで安室さんが一人で息子さんを育てていったそうです。

現在20歳になる息子さんとの関係は?

親権を取り戻し、息子さんとの新たな生活をスタートさせた安室さん。
息子さんは都内の有名インターナショナルスクールへと通わせ、高校からは英語に力を入れている学校へと通わせた後、現在は名門大学へと通わせていると言われています。

昨年8月には息子さんとのツーショット写真が後ろ姿ではあったものの週刊誌に掲載され、細マッチョな息子だ!として、一気に息子さんの存在が再びクローズアップされる事となりました。

子育てもひと段落した今、なぜ引退なのか?

息子さんも大学生となり、一部では息子さんの彼女とも面識がある理解ある良き母として報じられていた安室さん。
今後は精力的に歌手としての活動をされていくものと思われましたが、昨日9月20日になって突然引退の意向を表明しました。


出典:http://contents.namieamuro.jp/

デビュー25周年を祝ったばかりの安室さんに引退を決意させたものとは一体何だったのでしょうか。
メディアでは様々な引退理由が報じられています。
・劣化を嫌って引退か?
・以前より40歳位で引退したいと漏らしていた
・自身の美学に従って絶頂期での引退を望んでいた
などと報じられています。

しかし、安室さん本人ははっきりとした引退理由は語っておらず、公式サイトで

ファンの皆様、いつも応援していただきありがとうございます。わたくし安室奈美恵は、2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます。

とのみ語っています。

さらには

「引退までのこの1年 アルバムやコンサート、最後にできる限りの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたいと思ってます」

と語っており、残された僅かな機関で歌手安室奈美恵として精力的に活動をされるとみられているものの、引退後については
全く語られる事はありませんでした。

まだまだ引退までに時間が有ることや、今後は更にラストスパートとして様々なメディアにも登場するとみられていることから、引退に関する新たな情報が飛び出すのではないでしょうか。
平成の時代をリードした歌姫 安室奈美恵さん。
どのような道を選択されてもしっかりと地に足をつけて真っすぐ突き進んでいきそうですが、私たちも残りの時間、精一杯応援したいですね。